▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科Love&Teeth。

顎関節症関節が変形する?

投稿日: 2015年12月14日  | カテゴリ: 顎関節症

1分でお答えするショートQ&Aです。

「顎関節症が進むと、関節が変形することがあるのでしょうか?」




顎関節症というのは、関節円板の前方転移で

起こることが多いんですけど、初めの状態では、

関節円板を含んでいる関節自体は

あまり変形せずにいれるということが多いんですが、

こういった形で関節円板が前方にいて、さらにここに固着しだすと、

骨同士で関節の受け軸のところと、関節の頭が触れ合いだします。

こうなりだすと、ジャリジャリ音がするというふうに

言われることもあるんですけど、

関節自体は直接関節の受け軸とぶつかりますので、

関節の頭のほうをどんどんすり減らしていきます。

場合によっては、関節の頭の3分の1ぐらいがすり減っていらっしゃる方も、

患者様の中には見受けられます。
そういった面で顎関節症が進むことで、

関節が変形するということは十分にあり得ますので、

そう思っていただけるといいと思います。


アーカイブ

2018

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース