▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科Love&Teeth。

顎関節症で痛み止めは効く?

投稿日: 2015年12月14日  | カテゴリ: 顎関節症

1分でお答えするショートQ&Aです。

「顎関節症で、痛み止めは効くのでしょうか?」

 

 

 

 

顎関節症の患者さんで痛みを伴う場合というのが当然あるわけですが、

顎関節症の痛みを伴う場合というのは、当院の場合ですと痛み止めを出しています。

特に、いわゆるボルタレンと言われているジクロフェナック類というのは、

割と効くとされているので、その辺を中心にして、約1週間分ぐらいですね。

1日3錠ぐらいずつお出しする場合があります。

常に、お出しするというわけでではないですし、

痛みがある場合というのを対象に痛み止めをお出しはしています。

痛いから、遠慮してかんでしまうというか、

なかなかかみづらいというところがやっぱりどうしてもあったりしますので、

それとともに、この痛み止めで効いてしまって、

1週間ぐらいの後のところで、ほぼ痛いがなくなるという患者さんであれば、

筋肉痛が主訴として起こっている顎関節症だとかというのが、

スクリーニング分類分けができるので、そういった面で痛み止めをお出しして、

それで収まる程度なのかというところを見たりさせていただいています。


アーカイブ

2018

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース