▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科・Love&Teeth歯科医院

親知らずがあると、 顎関節症になる?

投稿日: 2015年12月14日  | カテゴリ: 顎関節症

1分でお答えするショートQ&Aです。

「親知らずがあると、顎関節症になるって本当ですか?」




顎関節症になる方で、一番怖いというのは、

早期接触というのがある場合があります。

早期接触というのはどこかの部分で歯が当たってしまって、

それによってあごの位置関係がずれてしまう。

顎関節症の病態の1つに噛みたい位置と、噛んでいる位置というのが違うと。

それによって、こういった不協和音、

咬合の不協和音が起こるところから、

顎関節症的なところが始まりますよということもあったりします。

そういった面では親知らずというのは、あごの関節の一番近場にあるんですね。

こういったところで接触が置こってしまうと、

通常こういう運動をしますので、奥歯側で当たりがあるすると、

そこによって歯の位置関係がずれていってしまいます。
ですので、親知らずがぶつかったりすると確かに顎関節症というか、

そういった形の症状が出る場合がありますので、

親知らずを削合したりとか、できれば抜いてしまってというところで、

親知らずが影響する場合がありますので、

そのことをご留意いただければいいのじゃないかなというふうに思います。


アーカイブ

2021

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース