▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科Love&Teeth。

痛くない親知らずは抜かないとだめ?

投稿日: 2016年2月12日  | カテゴリ: Q&A

1分でお答えするショートQ&Aです。

「親知らずを抜きましょうと言われましたが、

痛くもなんともありません。本当に抜かないといけないのですか?」

 

 

親知らずは基本、現代人はなかなか生えきらない方が多いです。

上下ともきちんとした形で生えている、

もちろん縦方向にきちんと生えているという方は珍しいですし、

両サイドそれがまたそろう。

しかも上下とも同じところでかみ合わないと意味を成さないので、

そういった面で親知らずは抜きましょうというのは、結構基本のところであったりすることがあります。  

これはなぜかというと、若いうちだと他の歯への影響、

虫歯や歯周病などが少ないうちに抜けるということです。

それから、痛みや腫れが少ない。治りも早く終わる。

歯並び矯正中の場合は、影響が出やすいということがあります。  

歯並びとか矯正中の治療の場合というのは、影響がどうしても、

この親知らずによって手前側に押されたりとか、

また先に当たってしまって干渉したりとか、

そういった治療をさせていただくという場合には、親知らずはできれば抜かせていただくということはあります。  

それから早めに抜くので、周囲のところに神経管があるんですね。

これが年齢を経てくると、近づいてしまうというところがあります。

若いうちだと、若干離れていることが多いので、そういった面では神経麻痺の可能性が少ない。  

それから、歯並びにも関係するんですけど、

顎関節症の方で親知らずが一部分でも当たっているとかいうところがあると、

どうしても顎関節症が治りづらいというところがありますので、

そういった治療をさせていただく場合もリスクが少なくなりますし、

顎関節症にならないという可能性が高くはなるということがあったりするので、

親知らずは抜いたほうがいいというようなところが、本日のお答えになります。 


アーカイブ

2018

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース