▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科Love&Teeth。

歯茎からの出血は重度の歯周病ですか?

投稿日: 2016年2月12日  | カテゴリ: Q&A

1分でお答えするショートQ&Aです。

「歯茎からの出血は重度の歯周病ですか?」




歯茎から出血してくるというのはものすごく怖いですよね

通常歯茎から出血している。

例えば僕らが検査のときに、1個1個の歯茎の状態を見ていくのですけど、

そのときに、中を触ってみて出血してくるというのは、

実はそこのところにまだ歯周病が残っていますよ、

ここの歯周病約は現在活性化していますよということのめやすだったります。

そういった面で、じゃあこの出血しているのを重度の歯周病かというと、

それはまたちょっと違う話だと思っています。
歯茎からの出血は軽度でも見られるもので、

そこに歯周病菌が活性化しているかどうかというののめやすです。

重度の歯周病になると、歯周病自体はどんどん進んでいますが、

そのときに歯を支えている骨が3分の2以上溶けてしまっていて、歯周ポケットは常に深い。

例えば、6ミリとかっていうのが結構めやすだったりすけど、

6ミリ以上にポケットがなっているという状態は、かなり危険です。

歯がぐらぐらと動きだし、物が食べにくくなります。

歯根に大量の歯石が付いて、歯肉は腫れ上がり、下がり、歯根が見えてきます。

また、歯肉は赤く腫れていて、歯と歯の歯肉の境目からは膿が出ているような状態です。

常に排膿しているという状態ですね。

朝目覚めると、口の中でねばねばし、血の味がしてくるなんてこともありますし、口臭も強くなる。
こんなのが重度の歯周病ですので、そういった面で出血した程度でしたら、

問題はまだ軽度だと思ってください。

軽度だからといって安心せずに、そのときに止めてしまうというのが一番の治療法だと思っています。


アーカイブ

2018

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース