▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科Love&Teeth。

最強の矯正インビザラインの欠点とは!

投稿日: 2016年7月21日  | カテゴリ: マウスピース矯正

最強の矯正インビザラインの欠点とは!



 

•装着しなければ意味がない!本人が取り外せる矯正器具のために、
外している時間が長くなると歯が思うように動いてくれません。
そのため、1日に22時間以上使用するという条件が付きます。
また装着が確実にできているかの確認も本人任せです。
一方、ワイヤーを使った矯正器具は
1日じゅう装着したままですので、確実に効果が現れます。
 
•マウスピース矯正はスタートした当時、
データ不足であったことは事実です。
素材も現在ほど高性能のものがなかったため、
10年ほど前までにマウスピース矯正を試された方の中には、
思うような結果が出なかった方もいらっしゃったようです。
そのため矯正専門医が治療をして最終調整をおこなうもにになっていました。
しかし現在インビザラインは、
すでに第五世代になり、大きく進歩をしています。
PCをみれば世界中のドクターから集まったデータの多さ、
ノウハウの蓄積、
それらを反映した最新テクノロジーを使った治療ですので、
安心してお受けいただけます。


お子さんの成長予測をしての矯正は苦手です。

インビザラインは治療終了までを予想して

治療計画を緻密に立てていくので、

永久歯に生え変わって固定されるまで治療は行うことができません


•通常の矯正と比べて治療期間が長くなりやすい傾向があります。
ワンステージで動かす距離幅が少ないためです。
ムダなく動かしていくので装着さえ、
きちんと行っていただければ、
治療期間はワイヤーを使ったものとあまり変わりません。
 
•歯周病が進行している場合、
矯正治療を行うことで歯が抜けるおそれがあります。
そのため、矯正治療に入る前に、
しっかりと歯周病の治療を行う必要があります。
また顎関節症の場合も、その治療を受けていただいてからとなります。
(これはワイヤーの矯正も同じです。)

•水平的な移動は得意ですが、
3次元的に上下に歯を移動させることは、若干苦手です。

 
 
•抜歯して歯の数が少なかったり、咬合力が強すぎたりなど、
症例によってインビザラインだけでは
矯正が難しいなどもまれにあります。
•特定の歯だけを大きく動かすのが苦手です。
•当院では2年以上かかる矯正は
矯正専門医による一般矯正治療をオススメしています。


•印象が始めのままなので治療途中での
アクシデントや虫歯などが発見されても
対処がしにくにいことがあります。
治療前に十分な検討が必要です。

アーカイブ

2018

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース