▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科・Love&Teeth歯科医院

唾液が少ないと虫歯になりやすい?

投稿日: 2016年2月9日  | カテゴリ: Q&A

1分でお答えするショートQ&Aです。

「唾液の量が少ないと、虫歯になりやすいのですか?」




つば、いわゆる唾液ですね。

唾液の中には細菌が含まれているんですけど、

何で少なくなってしまうと虫歯になりやすいのかというのはわかりにくいかもしれません。
唾液というのは、口の中を潤滑に回しているという面もありますけど、

それ自体に、酸性に傾いたものをアルカリ性に戻すというような役割があったりします。

ですので、唾液が酸を中和したり、あるいは再石灰化を促していますので、

それが少ないというのは、虫歯になりやすい環境になってしまうということです
自律神経や高血圧の薬を飲まれている方というのは、

唾液の量が少なくなるということがありますので注意が必要です。

それから、唾液腺マッサージや、ガムを噛んで唾液の量を増やすというところもあると思います。
ベロだとか、あと唇とかっていうのは、

そのまま唾液がないところで歯に触れても汚れは落とせないんですけど、

実は唾液が一番歯の汚れというのを落としているのですね。

ですので、そういったところの動きをそのまま助けていますので、

唾液の量が少ないというのは、虫歯になりやすいというところがあるというふうに覚えていてください。
 


アーカイブ

2020

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース