▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科・Love&Teeth歯科医院

前歯の接触は顎関節症に影響する?

投稿日: 2015年12月14日  | カテゴリ: 顎関節症

1分でお答えするショートQ&Aです。

「前歯の接触は顎関節症に影響するのでしょうか?」




人間には、実はセンサーがあるとされています。

上の前歯と下の前歯というのはかみ合っていることで、

それ以上かみ込もうとしないんですね。

もしこの接触がないと、人間はかみ込む意思というのが脳神経に伝わりません。

そのために、いつでも奥歯だけで当たっている方、

オープンバイトの方とかというのは、下あごと上あごのところが、

簡単に言うと、くっつかないわけですから、

奥歯のところの接触しているところが、常にかみ合おうとしてしまいます。

これはもう仕方がたないことなんですけど、

それ以上かみ込まないようにするために、

あえて前歯のところを夜寝ている間は接触させてあげて、

それによって奥歯のかみしめをこれ以上させないようにするというような

マウスピースを作ったりすることもありますので、

そういった面で前歯の接触というのは、

顎関節症に大きく影響するというふうに思ってください。


アーカイブ

2021

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース