▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科・Love&Teeth歯科医院

インプラントのデメリット

投稿日: 2015年11月9日  | カテゴリ: インプラント治療

 

『インプラントのデメリット』




インプラント治療はすべての方には適応ができません。
少なくなったとはいえ、全身的な状態が悪い方などにはもちろん応用はできません。
局所的な問題、例えば歯の部分的な問題というのはほとんどなくなってはきましたが、
上手な方なら問題がなくても、

インプラントの初心者などがそのようなケースに対応するととんでもない問題を引き起こすこともあります。
自分のあごの状態を、まず説明を受けてから行うことが大切だと思いますし、
難しいケースでしたら、実力のあるドクターにお願いしないと良くないとは思います。
そういった面で今日のビデオを見ていただくとうれしいかなと思いますので、よろしくお願いいたします。

インプラントのデメリットですが、まずは部分的に歯がない場合の治療法についてご説明します。

 

三つの方法が考えられます。
一つは部分入れ歯、もう一つはブリッジ、そしてインプラントです。
部分入れ歯は残っている歯に針金で固定する方法です。
もちろん強く固定しようとすると針金が多くなり、違和感が大きいとされています。
ブリッジは両隣在歯、隣の歯ですね、それを〔隣接する歯〕削って、その上に冠をかぶせる方法です。
装置がやや大きくなります。
隣接する歯を大きく削るという特徴、そして噛む力がブリッジを支える歯に集中するというデメリットもあります。
インプラントですが、周りの歯に頼らず、インプラントの力で噛めるようになります。
審美性、機能性、ともに〔大変〕優れています。
ただ、どうしても手術ですので、こういった所に大きな穴を開けていきます。

インプラント、ブリッジ、入れ歯、それぞれに長所・短所があり、

どれが向いているかは症例ごとに変わってきます。

みんな何かを犠牲にします。
インプラントでは骨〔(歯槽骨)〕を、ブリッジでは歯質を、

入れ歯は粘膜とバネのかかった二つに負担をかけています。

インプラントのデメリットです。

 

1、骨に入れる処置なので、当然のように手術のリスクや100%埋め込みが成功するわけではありません
全身的な状態や局所的に骨がない場合などにはそのままでは適応ができません。

 

2、インプラント治療は数カ月に及ぶ治療になるため、治療期間が長いという特徴があります。

 

3、力が出すぎて歯が削れやすいので、補綴物も含めてメンテナンスを継続しなければいけません。

 

4、自己受容性感覚がない。
自己受容性感覚というのは、簡単にいえば、髪の毛などが口の中に入った場合、
天然歯ではその差を感じられる20μmの感覚がありますが、
インプラントでは約50μm、総入れ歯はさらに鈍くなり100μm、
当然、インプラントや総入れ歯では、髪の毛の部分が感じられないとされています。

 

5、自由診療なので高額治療になりやすい。
どうしてもインプラントは高くなりがちとされています。

 


アーカイブ

2021

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース