▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科Love&Teeth。

インビザラインの治療の流れシーズン2【群馬県前橋市の歯科】

投稿日: 2016年6月20日  | カテゴリ: マウスピース矯正

インビザラインの治療の流れシーズン2

インビザラインの治療の流れ

インビザライン・ドクター・サイトに
患者さんの記録を提出します。
そのための資料取りとしてゴム質の
印象採得(上下・バイト)行います。
 
では実際に型取りをしてみましょう
 
これらは箱に入れて、アメリカに送られます
この印象物は実際にはCT撮影され、
そのまま光造形化されて模型になります。
写真撮影も行います。
顔写真を正面・正面スマイル、
右側面観の3つを咬み合わせた状態で撮影
(無彩色の背景から1メートル離れてもらう)
前歯の正面観(リトラクター)、
右・左側頬側面観(リトラクター)、
上下の咬合面観(鏡・)をとりますが、
咬み合わせている部分を咬合紙で印記。
撮影したものは
インビザライン・ドクター・サイトにアップすれば終了です。

 

クリンチェックのデータが帰ってきたら、
治療回数と治療方法について
患者さんとカウンセリングを行う。(約2週間後)

 

ここで話し合いにより実際に行うかどうかを決めます。
 

 

当初お話した条件と違った診断や
本格矯正への移行でやめられる場合には
金券でお返ししています。

 

条件が整えばアライナーを依頼するため、
残金を頂きます。
 
インビザラインのアライナーが医院に届きます。
(約4週間後)
1回めのリテーナーは今の歯並びのままのものです。
これをアライナーチューイーを使って装着を練習します。
1日22時間を使っていただきます。
食事・歯ブラシ、以外はずさない決意が必要です
 

フクロ歯科およびラブアンドティースでは

現在キャンペーンを行なっています。


kyousei.jpg


アーカイブ

2018

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース