▼ MENU

群馬県前橋市の審美歯科・ホワイトニング治療ならフクロ歯科・Love&Teeth歯科医院

なんで虫歯になると歯は痛くなる?

投稿日: 2016年2月8日  | カテゴリ: Q&A

1分でお答えするショートQ&Aです。

「どうして虫歯になると、歯は痛くなるのですか?」




歯が痛くなる部分というところまで虫歯が進むと歯は痛くなるんですけど、

ただ単に虫歯ができただけという時点では、あまり痛くない。

初期虫歯、初期う蝕というところでは、痛くはないことが多いと思います。

そこから痛くなるというのは、どういうことかというと、

歯において痛みを感じるところは、最表層にあるエナメル質の内側にある象牙質。

つまり、エナメル質だけの虫歯のときには痛くないんですけど、

象牙質まで虫歯が進んでしまうと痛みが出始めます。
象牙細管という中空構造が象牙質にはあるので、そこに歯髄の神経が入り込んでいて、

そこが刺激されて痛みが生じています。

虫歯が進み、神経までを侵すと歯髄炎という状態になって、これはものすごく痛いです。

歯の周りの痛みの中で最も強烈、かつ典型的なものがこの歯髄の痛みなんですけど、

歯髄にまで虫歯の細菌が直接的に刺激が加わったりすると、ものすごく痛くなりますので、

ちょっとでも痛みを感じたという場合には、できるだけ早めに歯医者に来てみてください。


アーカイブ

2020

最新記事

【住所】
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-6-26
フクロ歯科医院ラブアンドティース